法師温泉

群馬県法師温泉です。2015年の宿泊記なので、若干相違がありますことをご承知ください。私の母親が法師温泉の大ファンで、母は20年?30年以上前から行ってるようで強くすすめられました。

法師温泉は、関越月夜野ICを降りて17号を猿ヶ京温泉を過ぎたあたりにある一軒宿です。ノスタルジックな建物(明治時代)にタイムスリップしたような光景が目の前にあります。

 

 

電気がついてる部屋が私が宿泊した部屋です。一番古い部屋で8畳でトイレ無しで17000円です。結構高い 部屋には寝に帰るだけで温泉にいるからいいよね?みたいなノリで友達と一番安い部屋に決めました。

チェックインして部屋まで案内してくれたちょっと個性的な仲居さん。誰かに似てるなぁーと思ったら、梅ちゃん先生に出てきた、下村医院のベテラン看護婦さんです。

「法師の湯は混浴ですが、女性でも入る方が結構いらっしゃいます」みたいに言われたんだけど・・・。

んで、法師の湯をちょこっと脱衣場から覗いてみたら、おっさん30人くらいいるじゃん!ここに入るのは絶対むり!

まず玉城の湯に入りました。露天風呂もあります。ここは20時までは女性専用です。多分、平成になってから出来たお風呂かな。

食事は18時からで結構ギリギリまで入ってました。そしたら、出口近辺でベテラン看護婦にバッタリ。本当は化粧水くらいつけに部屋に戻りたかったのだけど、看護婦さんが「さぁ、食事にしましょう」の勢いに負けて、そのまま食事処へ。

 

 

トリップアドバイザー口コミでは食事の悪口が相当書かれてましたが、まぁ、ちょっと老人向けの食事かもだけど美味しかったです。体にも良さそう。

食事が終わる頃に、ふと気が着いた。

顔が、肌がすべすべしてる。化粧水つけてないのに?温泉効果?

友達も実は同じ事を感じていたらしく、二人でビックリしてしまいました。

食後は法師の湯に入りました。女性客は夜8時〜10時の2時間だけは女性のみ入浴出来ます。

昔、国鉄のフルムーン旅行で一躍有名になったのが法師温泉の「法師の湯」とのことです。廊下に貼ってありました。

最近では、テルマエ・ロマエで使われた宿だと説明した方が早いかも?上戸彩が長寿館の娘さんとして働いていました。

千円程度で日帰り温泉もやっていますが、お目当ての「法師の湯」は常に男性で一杯。混浴といえども、男性が占領してます。女性が入れるのは1万7千円以上だして宿泊して、たった2時間しか入れない。ズルイ!ズル過ぎるわ〜!

そしたらツイッターでこんなもの発見。

去年も見かけたのだけど、女性だけの入浴日があるようです。

お客さんが少ない多分雪深き頃になるようです。

冬用タイヤが来年まだ使えそうならぜひ行きたいな。

PS

別の温泉だけど、白骨温泉・泡の湯も、9月7日は女性専用日です。

http://www.awanoyu-ryokan.com/

混浴の大露天も終始入りたい放題です。