5月25日の日記

今日の出来事:723年−養老七年格(後の三世一身法)が発布される、1477年−江古田・沼袋原の戦い、1592年−文禄の役:多大鎮の戦い、1868年−秋田戊辰戦争:天童の戦い、1945年−第二次世界大戦:山の手大空襲(東京陸軍刑務所飛行士焼死事件)、1955年−岩波書店から「広辞苑」初版が刊行、1970年−黒い霧事件コミッショナー委員会が西鉄の3選手の球界永久追放を決定、1977年−スター・ウォーズシリーズ第1作がアメリカで公開

今日は、養老七年格(後の三世一身法)が発布されるです。「三世一身法」は、奈良時代前期の723年5月25日に発布された格(律令の修正法令)で、墾田の奨励のため開墾者から三世代までの墾田私有を認めた法令です。当時は「養老七年格」と呼ばれました。灌漑施設(溝や池)を新設して墾田を行った場合は、三世(本人・子・孫)までの所有を許し、既設の灌漑施設(古い溝や池を改修して使用可能にした場合)を利用して墾田を行った場合は、開墾者本人一世の所有を許すというものです。この「三世一身法」の施行により、墾田の実施が増加しました。しかし、その効果は一時的で期限が到来すれば収公されてしまう事で、農民は怠けて墾田を行わなくなりました。このため、20年後の743年に「墾田永年私財法」が施行され、墾田の永年私財化を認める事となりました。

次に、江古田・沼袋原の戦いです。江古田・沼袋原の戦いは、1477年5月25日に武蔵国の江古田原・沼袋(現・東京都中野区江古田・沼袋)で、太田道灌と豊島泰経との間で行われた合戦です。「長尾景春の乱」での戦いの一つです。1476年、関東管領・山内上杉顕定の家臣・長尾景春古河公方足利成氏と結んで謀反を起こし、上杉顕定および扇谷上杉定正が守る五十子の陣(現・埼玉県本庄市五十子)を急襲しました。上杉顕定、上杉定正は大敗を喫して敗走しました。長尾景仲、景信の二代で関東管領家の家宰職を務めた白井長尾家は、関東で大きな勢力を有していました。長尾景春の挙兵に、小磯城の越後五郎四郎、小沢城の金子掃部助、溝呂木城の溝呂木正重、小机城の矢野兵庫助など多くの国人、地侍がこれに呼応しました。南武蔵の名族・豊島氏も呼応して上杉氏に反旗を翻しました。豊島氏は、坂東八平氏秩父氏の一族で源氏の家人となり、「前九年の役」、「保元の乱」に参陣しました。源頼朝が挙兵するとこれに従い、鎌倉幕府の有力御家人となりました。豊島氏は武蔵国内に練馬氏、板橋氏、平塚氏、小具氏など多くの庶流を配して、室町時代になっても大きな力を\xCD

④靴討い泙靴拭◀修僚衫里蓮∨㌧茵⊄㍊€⊃刑臓⊄薪譴了遊苅横械娃依渉儆癲■桔詇沓毅娃粟个望紊蠅泙靴拭◀海了顗∨㌧膸瓩論仗整羮襦陛豕鮄堽鏽篭茵砲魑鐓襪箸掘⊋欛腓牢š鰺該険厂膂啾抃个任靴拭8轍聾畯釥β㌫璩倁瓩抜愿豐瀕痢♥綽祝瓩箸裡隠苅毅廓嘈瞥茲猟拘詎謀呂訐鑞陝峙鐄舛陵陝廚任蓮∨㌧膸瓩肋綽祝瓩北J鈇靴討い泙靴拭◀海陵陲蚤腓④囊ě呂鮨④个靴神霖ʡ綽祝甓蛤法β静墜賛拭∉枝㬢禹劼蓮〴篦仂襦~榔枉襦ゟ掌余襪鮹曚④泙靴拭K㌧膸瓩領琉莇疂佞帽掌余襪鮹曚い浸槪❶∨㌧膸瓩ⓓ紅璇塀佞妨同類靴晋彊琛箸覆蠅泙靴拭K㌧臑抃个論仗整羮襦△修猟錙β挂世藁鏽肋襪乃麒爾掘⊄静墜枝擷竜鐓襦♤掌余襪伐榔枉襪魴劼案察峭掌猷榔枋模€廚鮗彙任靴泙靴拭◁隠苅沓掲哿慣遑横憩訢⊄静墜枝擷論仗整羮襪旅粁❹魏荳槪靴泙靴燭❶∩衞論Ľⓑ針狎遒料鍰紊里燭瓩謀浪呂垢觧槪ⅸ侏茲困肪杷阿掘⊊召舛北契茲鯏召犬徳衞蝋颪猟紅璇塀佞料歹い妨類ǂい泙靴拭B静墜枝擷倭衞論Ľ塙舂丨靴董■儀遑影詎帽堆ぬ攵襪鮃兇瓩泙靴拭9堆ぬ收欺鼎肋襪鵬个鯤詎辰篤㉛瓦掘⊂佖訃襪留杆絽渭沙溶困蝋濾絜靴泙靴拭〽,法⊂倻彧襪旅粁❹砲ǂǂ蠅泙靴燭❶⊆蕕蠅ⅲ琛垸動廚僕遒舛泙擦鵑任靴拭◀修里燭瓠⊄\xC0

田道灌は河越城に甥・資忠、上田上野介を、江戸城には上杉朝昌(上杉定正の弟)、三浦高救(上杉定正の兄)、吉良成高、大森実頼、千葉自胤を入れて武蔵の守りを固めさせました。長尾景春方も後詰の吉里宮内、実相寺らが小山田要害(東京都町田市)を攻め落として牽制しました。その後、小机城の矢野兵庫助が河越城を衝こうと出撃しました。5月22日に太田資忠、上田上野介と勝原(埼玉県坂戸市)で合戦となり、矢野兵庫助は重傷を負って撤退しました。5月25日、太田道灌江戸城を出発し、練馬城に矢を撃ち込むと周辺に放火しました。練馬城主・豊島泰明は、石神井城にいる兄・泰経に連絡を取って全軍で出撃しました。太田道灌も引き返して迎え撃ったため、両者は江古田原で合戦となりました。この時、太田道灌氷川神社に本陣を置きました。この戦いで、豊島方は豊島泰明の他、板橋氏、赤塚氏以下150名が討死、生き残った豊島泰経と他の兵は石神井城へと敗走しました。この戦いは、太田道灌が江古田原付近に伏兵を潜ませた上で、少数で挑発行為を行い、豊島方を平場におびき出して討ち取りました。その後、豊島泰経は石神井城に逃げ込みました。翌日、太田道灌\xA4

楼ε羯海某悗鯢澆い涜儘気靴泙靴拭◁儀遑械案訢∨㌧臑抃个肋襪鮟个涜静墜枝擷伐餮ǂ掘ゟ濟欧鮨修圭个泙靴拭﹅襪稜傍僂ⓔ欄類旅濾絜虜酲,任靴燭❶∨㌧臑抃个❹海譴鮗孫圓靴覆い燭瓠〵兇蠅旅濟欧箸澆覆靴紳静墜枝擷錬況遑夏詎帽況發鮑導ǂ掘∪仗整羮襪粒鮎襪鮃兇疝遒箸靴泙靴拭◀海譴砲茲蝓⊊餽海鯆詎瓩針㌧臑抃个蓮¬覦任吠兇譴篤㉛瓦靴泙靴拭◀海慮紂⊄静墜枝擷肋綽祐可蝓⊂綽禸蠕気塙舂丨靴橡棉霏◆⊂緻遒鯏樟錣靴督紅璇塀佞鯢擷弦類瓩觧槪棒侮硑掘ヿ轍聾畯釥β㌫璩嚞瓩ⓞ袖弔鯊膿任靴討④泙靴拭◀海力袖弔鯔験欧垢襪燭瓠∨㌧臑抃个ⓙ芯余襪傍鬚辰萄撞鵑靴泙靴拭◀靴ǂ掘⊄静墜枝擷ⅴ況發妨類ǂΔ繁㌧臑抃个論錣錣困靴涜㍊Ó鑱未貌㉛瓦靴泙靴拭K㌧臑抃个里修慮紊両誕¤鷲毀世箸覆蝓△海譴砲茲衞沼押λ㌧膸瓩鰐破瓦靴泙靴拭B静墜枝擷漏特呂鯏樟錣靴督紅璇塀嬖鈇鮃兇當戮掘■隠苅牽闇唎膨紅璇塀佞虜埜紊竜鯏澄ζ軺郛襪鰺遒箸靴董◆崢紅璇塀佞陵陝廚鯤芯蠅靴泙后◁隠苅牽嫁唎妨轍聾畯鈇箸力袖弔ⅻ儵¤掘■械闇器瓩唎傍擇鵑栖愿譴料萢陲禄ž襪靴泙靴拭◀曚箸鵑鋲販呂罵陲鯤芯蠅靴紳静墜枝擷寮舎召蓮∪簑腓覆發里箸覆蠅泙靴拭◀靴ǂ掘△海譴ⅷ膩咩♥綽祐可蝓⊂綽禸蠕気類糞\xBF

を生み、1486年、太田道灌は糟屋舘で上杉定正によって謀殺される事となります。

その次に、文禄の役:多大鎮の戦いです。宗義智が釜山城を攻略した頃、多大鎮の砦に向かった日本軍一番隊の大将・小西行長は、朝鮮軍の指揮官・尹興信と弟・尹興梯と戦っていました。小西行長は港に上陸して突撃し、火縄銃の援護を受けながら堀の水を排水する戦術を使いました。火縄銃によって朝鮮側の守備兵は無力化されました。朝鮮軍は日本軍が堀を排水するのを防げなかったため、防壁まで直接近付けるようになりました。朝鮮側による矢の連射や投石などに対抗しながら、日本軍は攻城用の塔や梯子を用いて、火縄銃の援護の中で城壁に登りました。尹興信は第一防衛線が破られるのを待って偽りの退却を行った後、奇襲攻撃で反撃をしました。激しい乱戦の後、防壁が破られ日本軍が砦を占拠しました。「釜山鎮の戦い」と同様、多大鎮は掠奪され多くの市民が殺されました。小西行長は、すぐさま部隊を再編成し攻撃目標である漢城への進撃を開始しました。

その次の次に、秋田戊辰戦争:天童の戦いです。庄内藩征討を命じられた山形藩、久保田藩らが庄内藩と交戦しました。1868年2月、天童藩主・織田信学は新政府より上洛の命を受けました。しかし、織田信学は病に倒れていたため、嫡男・信敏が代理として参内しました。この時、新政府から奥羽鎮撫使先導に任じられ、織田氏重臣・吉田大八が新政府軍に奥州の道案内役を務める事となりました。吉田大八は、奥羽鎮撫副総督・沢為量を先導して庄内藩と戦いました。山形藩・水野三郎右衛門が率いる山形隊二番手が最上川寒河江側から渡り、長柄に布陣していた庄内軍2番大隊の500名と開戦しました。しかし、庄内軍の反撃で隊長・大久保伝平、司令士・赤星守人が戦死しました。山形軍は山形城下に潰走しました。庄内軍はその後、山形城を攻撃せずに天童に向かいました。「清川口の戦い」で潰走した天童軍を追撃してきた庄内軍と合流し、天童城下の総攻撃を始めました。庄内軍二番大隊隊長・酒井吉之丞は最上川を渡り、天童と市街の南半分の230戸を焼討ちにしました。天童藩主・織田信敏は城外に逃れました。この日を持って庄内藩と奥羽鎮撫総督政府軍との正式な開戦と\xA4

覆蠅泙靴拭﹅影眸夕隋♦魄翆蘰討隆碓未惑軛イ気譴董⊂影眸佑論擬阿貌と欧梁仂櫃箸覆蠅泙靴拭◀海Δ靴同譆Í檀鏤箸蓮崗影眄ⓗ押廚鯣埇瓩垢觧槪砲覆蠅泙靴拭\xA3

最後に、第二次世界大戦:山の手大空襲(東京陸軍刑務所飛行士焼死事件)です。今まで空襲を受けていなかった山の手に、470機ものB29が来襲しました。皇居も被災し、宮殿が焼失しました。死者3651人、被害家屋は約22万戸と「東京大空襲」に次ぐ被害となりました。 東京陸軍刑務所に収容されていた62人のアメリカ人捕虜が焼死しました。この時逃れ出ようとした数名の米兵捕虜が、日本人看守により斬殺されるという事件が起きました。これが「東京陸軍刑務所飛行士焼死事件」です。後に、横浜軍事法廷における「BC級戦犯裁判」の結果、東京陸軍刑務所長の田代敏雄陸軍大尉が死刑(再審で懲役40年)、看守長の越川正男陸軍少尉が死刑(再審で懲役30年)、米兵を斬殺したとされる看守の大久保又一法曹長、神本啓二法軍曹、神戸初明法軍曹が死刑(ともに再審で懲役10年)の判決を受けました。

今日の誕生日:崇光天皇北朝第3代天皇)、ポル・ポト荒木経惟小倉智昭葛城ユキ山田スミ子ケント・ギルバート江川卓、カイヤ川崎、大山正篤(元ZIGGY)、陣内大蔵二ノ宮知子石田ひかりうすた京介だいたひかる、籐子(tohko)、空知英秋上野樹里西野七瀬(乃木坂46)、清宮幸太郎、ダンスパートナー

今日の記念日:アフリカデー、食堂車の日、広辞苑記念日、主婦休みの日、納本制度の日、別所線の日、みやざきマンゴーの日、ターミネーターの日、愛車の日

今日の「今日訓」:本日は、年3回(1月25日、5月25日、9月25日)ある「主婦休みの日」です。目的は、「1.家事や育児に頑張る主婦がリフレッシュできる日」、「2.家族が元気になってニッポンも元気になる日」、「3.夫や子どもが家事にチャレンジする日&パパと子どもが一緒に行動する日」です。1899年5月25日に山陽鉄道(現・西日本旅客鉄道山陽本線)に食堂付き一等車がお目見えした事を記念して「食堂車の日」、1948年に国会図書館で納本の受付が始まった事で「納本制度の日」、1955年、岩波書店の国語辞典「広辞苑」の初版が発行された事で「広辞苑記念日」、1963年の「アフリカ統一機構」創設を記念して「アフリカデー」、上田電鉄別所線のシンボルである丸窓電車「モハ5250」から「別所線の日」、「マンゴー(05)ニッコリ(25)」の語呂合わせで「みやざきマンゴーの日」、1985年5月25日に「ターミネーター」シリーズの第1作が公開された事で「ターミネーターの日」、1915年5月25日に日本初の外国車ディーラー「ヤナセ」が創業された事で「愛車の日」となりました。

広告を非表示にする