読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

博多の龍宮寺に行った。

 博多の龍宮寺に行った。

 前々から行きたいとは思っていたのだが、人魚の骨を見るのに電話をする必要があったので、その電話がおっくうに感じていたのだが、思い切って電話をかけてみた。個人だし、難航するかと思っていたのだが、意外とすんなり人魚の骨を見せてくれると言われたのでホッとした。

 このお寺は、庭にお墓と一緒に、人魚塚もあった。門はお寺なのだが、建物は小さいマンションっぽかったので、本当にここで良いのか心配になったが、龍宮寺の門をくぐって来たのだから、ここに違いないだろうと思い、チャイムを押した。

 予約していた方ですか?と言われた。2階にあったのだが、ここは手すりやエレベーターがあって親切だなと思った。足腰の弱いお年寄りにも配慮しているのだろうなあ。

 人魚の逸話のあるお寺なだけあって、人生の格言みたいなのの他に人魚の絵なども飾られていた。また、本尊の両脇にも人魚の像があった。

 人魚の骨は、人魚の描かれた掛け軸の下にあった。この骨は説明書きによると人魚の骨と伝えられているようで、本当かどうかは知らないが、一応ほ乳類の骨ではあるらしい。骨が凄く大きく感じたので、大きい動物の骨なのではないかと思う。

 この骨は、昔は水につけられており、この水をご利益があると言って分け与えていたらしい。人魚の骨かどうかすら分からないのに、よく飲む?なあと思った。

 御朱印も頂けて良かった。