【質問 krds】 龍川(リョンチャン)駅列車爆発事故とは?(下書き)

 【質問 krds】

 龍川(リョンチャン)駅列車爆発事故とは?

 【回答 vlasz】

 龍川(リョンチャン)駅列車爆発事故 は,2004.4.22午後1時15分頃,北朝鮮新義州(シンウィジュ)から平壌ピョンヤン)側に50km離れた場所にある平安北道龍川郡(ピョンアンブクド・リョンチャングン)龍川駅からおよそ100mの地点で発生した,大規模な爆発事故.

 平義線は中国との国境駅である新義州平壌を結ぶ主要路線で,龍川駅は新義州駅から20km未満の地点に位置している.

 爆発は,硝酸アンモニウムを積んだ列車によるもので,20km離れた中国の村民は,爆発によるキノコ雲を目撃している.

 龍川駅は壊滅状態になり,地面は抉られ,約15mのクレーターができた.

 また,爆発地点から半径約1kmは完全に焦土化

 1850戸の住宅など半径500m以内の建物が全壊,約4km四方に亘り被害を受けた.

 駅周辺は建物が密集していたため,161名が死亡,負傷者約1,350名を出した.

 駅から200mの場所にあった龍川小学校では,授業を受けていた小学生76人が死亡している.

 新義州市の病院を視察したWFP(世界食糧計画)職員によれば,

「患者の顔に,がれき片やガラスが突き刺さり,皮膚はどす黒く裂けていた」

という.

 北韓当局や在日紙・朝鮮新報によれば,事故原因は,

「貨物列車と油槽車両の入換作業中,硝酸アンモニウムと石油を積んだ列車同士が,作業員の操作ミスで衝突.

 駅構内の電柱が倒れ,電線のショートによる火花が引火して列車が爆発した」

としている.

 西側専門家は現地状況から,鉄道施設の老朽化による単純事故と見ている.

 北韓の鉄道は,日本の植民地時代に敷かれた路線がもとになっており,老朽化が激しい.

 そのため,公表されていないだけで,これまでも数多くの大事故が起きているという.

 もともと龍川駅は日本統治時代の昭和14年11月に,新義州から延びる多獅島鉄道という私鉄路線の中間駅として開業した.

 当時は楊市という駅名だった.

 この私鉄が翌昭和15年に楊市から南東方面の南市(現在の塩州)までの路線を開通させ,戦時中の昭和18年に新義州〜楊市〜南市間が国に買収されて楊市線となったことで,それまで山間部を経由していた朝鮮半島を縦断する幹線ルート・京義本線の短絡線的役割を果たすようになった.

 硝酸アンモニウムによる事故は,過去にも実例がある.

 1921年のこと,ドイツの田舎町オッパウで,倉庫に山積みになっていた肥料用の硫硝酸アンモニウム(硝安と硫安の混合物)が湿気をすってカチカチに固結してしまった.

 崩そうにもつるはしではどうしようもないので爆薬を使って崩していたら,計4500トン分が爆発し,死者行方不明669人負傷者1952人という大惨事となった.

 その後の倉庫の跡地には,165m X 96m,深さ18.5mの大クレーターが残されていたという.

 実はそれまで,この手の混合物が爆発しうるなんて誰も思わず,肥料が固結したときはいつもダイナマイトで崩していたという.

 しかもその回数なんと三万回とか(笑).

 1947年には米テキサスで,今度は肥料用の硝酸アンモニウムが船内で起こった火災が原因で爆発.

 陸上の化学工場に飛び火し,さらには硝安を積んでいた隣の船にも誘爆するなどして,550人の死者と3000人以上の負傷者を出す大惨事に至った.

 肥料恐るべし.

 考えてみればこの硝安に火薬類を加えた硝安火薬は,既に十九世紀の時点で立派に登場済みだったのである.

 しかし,これらの事故からヒントを得たロバート・エイクルの手によって作られたANFO爆薬 (ammonium nitrate fuel oil explosive) は,1961年に我が国に導入されて以来,現在でも安全性の高い爆薬の一つとして発破用に広く使われているし,さらにこれに水を加えるというアイデアからは,スラリー爆薬やエマルジョン爆薬のような安全性と爆発力を兼ね備えた現在の花形爆薬も誕生したのだった.

 先人の尊い犠牲に,合掌.

 ただし,一方の列車の積み荷が石油という見方には疑問もある.

 包括的核実験禁止条約(CTBT)機構の集計した地震波データ記録によれば,爆発規模はマグニチュード3.6の地震に相当し,TNT火薬で800t級と推定されるという.

 この数値は,北朝鮮の公式発表の約8倍.

「軍事用燃料など強力な爆発物が誘爆した可能性もある」

と,同機構筋は述べている.

 また,事故は,金正日が専用列車でこの駅を通過してから約9時間後に発生しているため,通過後の混乱が遠因とする説もある.

 金正日の専用列車が運行する際には,金正日の警護と万一の事故防止の為,その路線の列車は全て止められ,駅に待機させられる.

 専用列車の正確な通過時間は極秘のため駅には知らされず,その前後のかなり長時間に渡り列車は止められてしまうとされる.

 このため,運行再開後の各駅では遅れを取り戻すために大混乱になるのが常だという.

 焦りはヒューマン・エラーを生じさせる大きな要因の一つである.

 他方,そのタイミングから,テロ説も取りざたされている.

 金正日暗殺未遂説の他,列車に乗っていたシリア人核技術者を殺害するため,モサドが仕組んだという説がそれだが,韓国もアメリカもテロ説には否定的な見方をしている.

 【参考ページ Referencia Oldal】

http://japanese.joins.com/html/2004/0422/20040422200657500.html

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040424-00000093-mai-int

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/04/23/20040423000057.html

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/04/23/20040423000054.html

http://www.jrc.or.jp/active/news/578.html

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/04/23/20040423000054.html

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/04/23/20040423000057.html

http://news.yahoo.com/news?tmpl=story&u=/ap/20040424/ap_on_re_as/nkorea_train_explosion_67

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20040425i315.htm

http://www.sankei.co.jp/news/morning/07iti002.htm

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2004051501000235

http://dailynk.jp/archives/7293

http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2004/04/post_25.html

http://www.kazankai.org/rensai.html?no=37