読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全てを受け取る 〜カルマ逆転・両方が成り立つ世界へ〜

今回は、起きている現実、栄を含め、全てを受け取ると意図していました。

受け取るというのは、お金とか、人間関係とか、何かポジティブだと思われることだけではなく、

どこかしら嫌がっているものも、いろいろと気づいていないものも含めて、

自分で条件付けをしていることも、あらためて事実として受け取ろうと思いました。

しっかりと内観して、細かい気づきも得たあと、

そこで、ディバインへの正直な告白後、ヒーリングが起きていきました。

強い頭痛とともに脳が変容していきます。

その後のシャバーサナの間も含めて、たくさんの気づきと脳とカラダの変容が起きていきました。

その中で、大きなカルマを再確認しました。

今までの過去生において、私は何度も家族を捨てて、神の道に入っています。

そのときどきは、「神を取るか、家族を取るか。」の二択を迫られ、

おそらくほとんどが、神の仕事を選択しています。

神殿娼婦の記憶がよみがえったときも、神を取るしかなく、家族とは縁がありませんでした。

逆に愛に生きようとした過去生では、神と離れていて、

いつも、神と家族の両方が成り立つ関係はなかったんですね。

でも、今回起きた変容は、「両立」でした。

両立させようと努力するということではありません。

全て含まれている中に、両方が成り立っています。

具体的にどうということとはまだ言えないのですが、感覚が変わりました。

家族に対する、邪魔のような感じが消えています。

(私もこどものころに「私は邪魔な存在だ。」と感じていました。)

縛られている感も、どうやらありません。

勝手に自分で感じていた条件付けの強い縛りがあったのが、消えました!

神か家族か、ではなく、ご神事をすることと家族を大切にすることが同時に起きていく感じです。

これは、私にとって大きな逆転です。

このプロセスには、チェンバーも、

八ヶ岳のトリニティランドで生まれたマリアトリニティの聖水も、

ルルドの聖水も、ファティマに行かれた方も関わっています。

いずれわかってくるのだとは思いますが、今はこのプロセスが起きていく先にゆだねます。

魂の記憶

『神殿娼婦 〜Story1 エジプト編〜 』http://ameblo.jp/08heart-to-heart17/entry-12164410999.html

『神殿娼婦 〜Story2 中世ヨーロッパ編〜』http://ameblo.jp/08heart-to-heart17/entry-12165059784.html

『神殿娼婦 〜Story3 邪馬台国編〜』http://ameblo.jp/08heart-to-heart17/entry-12165449155.html

☆トリニティFinal覚醒セミナー 5/30,31、他  

無条件の愛、共同創造の時代を生きられます。

http://ameblo.jp/08heart-to-heart17/entry-12052248436.html

☆ボディラブトリニティ基礎セミナー 5/21、他 

無条件の愛のカラダに目覚めます。

http://ameblo.jp/08heart-to-heart17/entry-12175410585.html

☆ディクシャの各種の会は、最新スケジュールからご確認ください。

脳の物理的変容が起き、覚醒神実現に導かれます。ディバインとともに変容していきます。

http://ameblo.jp/08heart-to-heart17/entry-12275347675.html

☆個人セッション詳細はブログ等プロフィールの自己紹介欄からご覧になれます。

随時受付中。

http://profile.ameba.jp/08heart-to-heart17/

https://www.facebook.com/takako.mawatari.9

http://SNS.jp/show_profile.pl?id=22385293