石山寺さんの大日如来

今日のカットは、石山寺さんの大日如来坐像(快慶作)です。現在奈良国立博物館で開催中の「快慶展」出陳されています。

この像は石山寺多宝塔のご本尊として安置されていて、大日如来独特の智拳印を結ぶ姿です。

金剛界大日如来像ですから、この姿になりますが、この姿を見ると、つい円成寺さんの運慶作の大日如来像と比較してしまいます。

坐像であり、像高、木造、玉眼技法など共通点も多いです。

宝冠と瓔珞の有無などは別にして(多分当初はあったのではないでしょうか)、できるだけ意識しないようにして観たとき、運慶作の像で感じる野望的なものはこの像には感じません。快慶はもの静かな姿勢で造像に臨んいたのではないかと、勝手に推測しています。

ただ、慶派一門として、互いの作品は眼にしていた可能性は大で、ライバルとしてより良いものを目指したことは十分考えらます。いつの世も、ライバルは必要です。

現在、博物館地下のミュージアムショップの入り口には、回転装置で作品を展示頂いています。

ただ、最初は実際の切り絵作をセット頂いていたのですが、お子さんが面白がって、回転体に触れたり、作品を指で突くなど、やりたい放題されるとか。切り絵作品が破れてはいけないと、作品を等倍コピーしたものに入れ替えられました。本物の作品をご覧頂きたいのですが仕方ありません。

それにしても、親御さんは注意しないのでしょうか。