読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作者と絵柄・筆跡が全然違う偽サイン色紙を、ネットで販売した32歳男性、逮捕。

*この逮捕の報道。

 最初、テレビでちらっと見た時は、

「色紙にプリンターで印刷しましたって感じの

カラー絵を、印刷した色紙にサイン?とっても怪しい。」

とだけ思いましたが、

改めてじっくり報道を聞くと、犯人の手描きによるものだとか。

「ANNニュース」より

君の名は。」もネットで・・・宮崎監督らの“偽色紙”(17/05/11)

 筆跡も絵柄も、全然違う。

君の名は。」監督らの偽サイン色紙販売容疑、男逮捕

https://www.youtube.com/watch?v=fo_SYM3_C0o

 TBS系で報じられた映像

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170511-00000035-jnn-soci

には、

藤子不二雄」時代の藤子・F・不二雄先生

手塚治虫

が描いたと思わせる色紙まである。

 使用した画材は、

「COPIC ciao」(コピックチャオ)36色(9,720円)

http://www.tlshp.com/products/detail.php?product_id=11227

と、別の種類のマーカーらしきもの。

 「コピックスケッチ オリジナル」(324円)らしきもの

(オリジナルカラーを注入するための空ペン。犯人、凝ってるな。)が1本

に、「COPIC」の「マルチライナー ラベンダー」

(ミリペンみたいなもの 0.1〜0.3mm)のブラックが3本。

 藤子・F・不二雄先生や手塚治虫が生きていた頃、

コピックはまだ、なかったと思うぞ。

(ラインマーカーなら、あったかな?)

 漫画家さんのサイン会とかで、着色してくれる事は、まずない。

 絵はマジックで急いで描いただけ(当然、線画。)って感じのものでも、

描いてもらえるだけでも、ましなほう。

 転売防止の為に、

「××さんへ」

と、受け取る相手の名前を書き添えるのが、通例。

 犯人が描いた偽サイン色紙には、それがない。

 着色した絵付きのサイン色紙なんて、掲載雑誌の懸賞とかでしか描かないよ。

 それと宮崎駿は、滅多な事ではサインしない。

 自分のサイン色紙が転売されている事を知ってから、

サインしてくれなくなったから。

 仮に宮崎駿が色紙に絵を描いてくれたとしても、

コピックなんて画材は多分、使わない。

 今でも色彩絵の具の人だから。

(どういう絵の具を使っているかまでは知りませんが、

イメージボードでは水彩画っぽいのを、よく描いています。)

 あと、新海誠監督、絵入りのサインなんてしないと思う。

 自分には画力がないと悟って、

自ら作画していたのは「ほしのこえ」までのはずだから。

 今は、イメージボードか絵コンテまでだろうな。

 とにかく、この偽サイン色紙を偽者だと見抜けずに

買ってしまった人が二人以上いるというのが、驚きです。

 漫画、アニメに詳しくなかった方だったのだろう。

 東京都日野市多摩平6丁目在住の無職・工藤聡容疑者(32)。

 すぐ分かるアカウントを使っていたんだろうな。

■「君の名は。」新海監督らの偽サイン色紙を販売した疑い

(朝日新聞デジタル - 05月11日 00:59)