読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

曹安公路の市場で値切りのショッピング

只今 19℃の上海

連休も終わりましたが

ずっといいお天気で

その つけでしょうか

今日からしばらく 雨予報の上海です

昨日の

連休最終日は

夜は久々の バンドの練習で

みっちり 歌い込み

練習後は

いつもの 花紋さんで

美味しい ビールを HISメンバーに

坊発楽の社長や 個人練習に来ていた

ガヤちゃんも交え

気のおけない仲間との

こんなひと時が

まさに 活力源ですな

で、昼間はといえば

そんな 夜のバンドの練習にも

気持ちよく送り出してもらうために

カミさん孝行をしとかないとと

買い物のおつきあい

昨日は 商業モールではなく

なんと 市場

家から車で30分ほど

曹安公路という国道沿いに

巨大な市場があるんです

しかし 仕事でも市場

プライベートでも市場かよっ・・

この 市場

1階は 寝具や カーテンや 

なんていうの こういうの

で、2階が 洋服

3階が 靴、カバン

いわゆる お宝探し的に

ブラブラするのも 楽しいもんです

なにより、とにかく値切れるのです

2階で カミさんが

半袖のセーターを、3枚ほど買い

おいらも

最近 広州出張が多いので

機内持ち込みできる小ぶりのキャリーケースを

3階で買ったんだけども

お店の 店主の

おねえさんに

最初 

「これ なんぼ?」

と 尋ねると

「280元」

もう この時点ですでに 普通の店より安いんですが

おいらが 「200元」 と 言うと

「冗談はよしこさん」 でしょと 応戦

カミさんが

「180元」 と言うと

あれこれ、このカバンの良さを早口で

まくしたて

急にカバンを床の下に寝かせ

なんと おねえさん靴を脱いで

バンの上に乗り

「ほーら こんな丈夫」 と

どや顔で

カミさんが

180元じゃなきゃ買わない

行こう 行こう と おいらの手を取り

店を出ようとすると

「わかった わかった 180元

持ってけ 泥棒」 

カミさんが

「安いのいいけど すぐ壊れるんじゃないでしょうね」

と 釘をさすと 店のおねえさん

名刺を渡しながら

「壊れたら すぐ持ってきな

交換してあげるから」  と

なかなか キップがいい

いやあ カバンはこれから この店で買おう

で、 180元で買ったのが

こちら 日本円だと2900円くらいですな

で、また

2階に戻り 洋服 お宝探しのお付き合い

にしても

変な マネキンの

オンパレードっす ここ

これなんか

なんか 妙にリアルというか

怖いし

マネキンって

人間の真似してるから

マネキンって言うのかなあ?

最初 男のパンツやズボン用のから

始まってたりして

マネキン

絶賛発売中

おいらの 処女小説

「上海物語」 是非 お読みください

<下記 クリックでアマゾンの掲載ページに飛びます>

https://www.amazon.co.jp/dp/B06Y1XC56Z/ref=sr_1_1?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1491354549&sr=1-1&keywords=%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E7%89%A9%E8%AA%9E%E3%80%80

今日の唄は こちら

昨夜も行きましたが・・・

「三年目の花紋」

Youku

http://v.youku.com/v_show/id_XMTc1MTMzMDAwMA==.html?spm=a2hzp.8244740.userfeed.5!9~5~5~5!2~A