読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#NowPlaying King Crimson 21st Century Schizoid Man (1973.9.23) Boston, Massachusetts, USA

#NowPlaying King Crimson 21st Century Schizoid Man (1973.9.23) Boston, Massachusetts, USA

Sharks Lungs In Orpheum

1973年秋の米国公演五日目。

この演奏はユーチューブ

https://www.youtube.com/watch?v=-8Dndtpx6NE

で聴けます。

この日の最終曲ですが、たぶんアンコールナンバーです。

3分10秒頃からメロトロンの音が消え40秒ほどジョン・ウェットンのベースソロが楽しめます。

オーディエンス録音の海賊盤ですが音質はまあ悪い方ではないでしょう。

静かめな曲調の部分ではノイズが気になりますけど。

この曲は1969年7月21-23日に London, Wessex Studios で録音、1969年10月10日に発売されたファーストアルバム In the Court of the Crimson King (邦題『クリムゾン・キングの宮殿』)のA面一曲目でした。

キング・クリムゾンといえばまずこの曲を連想する人も多いでしょう。

1969〜1974年のキング・クリムゾンはギターのロバート・フリップ以外のメンバー変更により三期に分かれますが、この曲はどのメンバー構成でも演奏されていて、それぞれの演奏の違いが楽しいです。

ProgLyrics(プログレッシヴ・ロック名詞選) 

プログリリックス ◆ プログレッシヴ・ロック名盤の名曲訳詞館 21st Century Schizoid Man

http://proglyrics.blogspot.jp/2009/02/21.html

Robert Fripp - Guitar, Mellotron

David Cross - Violin, Mellotron

John Wetton - Bass Guitar & Vocals

Bill Bruford - Drums, Percussion