読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月26日

ドイツ・プロイセン州の秘密警察としてゲシュタポを創設。1936年にドイツ全土に活動範囲を拡大:1933年のこの日。ゲハイメ・シュターツポリツァイ(Geheime Staatspolizei=「秘密国家警察」、通称ゲシュタポ、Gestapo)は、ナチス・ドイツ期のプロイセン州警察、のちドイツ警察の中にあった秘密警察部門である。1939年9月以降、ナチス親衛隊の一組織であり、警察機構を司る国家保安本部に組み込まれた。1933年プロイセン州の秘密警察として同州内相ヘルマン・ゲーリングが発足させた。1934年に親衛隊(SS)のハインリヒ・ヒムラーとラインハルト・ハイドリヒが指揮権を握り、1936年に活動範囲を全ドイツに拡大させた。同年に保安警察の一部局、さらに1939年には国家保安本部の第IV局に改組された。第二次世界大戦中にはドイツ国防軍が占領したヨーロッパの広範な地域に活動範囲を広げ、ヨーロッパ中の人々から畏怖された。その任務はドイツおよびドイツが併合・占領したヨーロッパ諸国における反ナチ派やレジスタンス、スパイなどの摘発、ユダヤ人狩りおよび移送などである。(出典:今日は

何の日、Wikipedia)画像は、ベルリンのプリンツ・アルブレヒト街8番地のゲシュタポ本部外観。1933年