「何を治療目的にしている?」(不思議10句+α)

『言霊対話・徒手確認法(波動確認法):不思議10句+α』の

第7句と、第4句を紹介しました。

今回は『α2句』の紹介をします。

氣光整体療法の肝心要は、『言霊波動確認法』という検査法にあります。

カイロプラクティックは、主に骨格の歪みを診ますし

マッサージでは、筋肉の緊張やしこりを探しながら施術します。

また、鍼灸・指圧では経穴を探して、施術するわけですが・・・

(皮膚の下には、骨や筋肉だけでなく、

リンパ・血管、神経、臓器・・いろいろなものが存在しています)

氣光整体療法の場合、

一見するとマッサージのように見えるかもしれません。

しかし、何を探しているのか?

何を治療目的にしているのか?

外から見たのではさっぱりわかりません。

《何を探しているのか?何を治療目的にしているのか?》

『言葉(言霊)として』を発しているならわかりますが

熟練してくると意識するだけで検査していきますから・・

その術者の頭の中を覗かねばわかりません。

そこで、セミナー会場でも

「何探しているの?」と、聞く時が時々あります。

*******   *******

『言霊対話・徒手確認法(波動確認法):不思議10句+α』

α2)『不思議なり“言霊波動”確認法”、質問しないと、答えない!』

術者が何を探すか?検査対象に入れていないと、

体からの反応は返ってきません。

例えば、腰部のインナーマッスル(大腰筋など)の腱・筋膜などの異常を探るとき

“検査の手”は、腹直筋膜や、腹斜筋膜などに直接触っているはずですが・・

検査の対象に入れていないと、(触っていても)

反応しないという不思議な現象が起こります。

(時々やらかして、遠回りすることがあります・・苦笑)

逆に言えば、医学・医療常識では考えられませんが・・

副腎など、手で触れることなどできませんし、

頭蓋骨の中を手で探ることなどできませんが・・

『言霊波動確認法』で質問すれば、反応してきます。(=治療対象になります)

*******

15年前・・一番最初に応用したのが『靭帯療法』でした・・

その後、

『筋膜〜腱〜骨膜・骨髄療法』、『粘膜療法』、『内臓機能活性化』・・

などなど・・次々と応用法として拡大・進化してきました。

今も、進化中です。(現在『シルバーコード(霊子線)療法』を新たに!)

*******   *******   *******

セミナーの予定

◎5月14日(日):福井教室『伝授・基礎&実践セミナー』

会場:福井教室:氣光整体東陽 (随時開講)

http://www7a.biglobe.ne.jp/~to-taka/

◎5月21日(日):静岡教室『伝授・基礎&実践セミナー』

会場:静岡教室:いっ歩様 http://www.ippo2006.com/

氣光整体(氣光エネルギー整体療法):http://www.t-kikou.com

●氣光整体療法“3つの伝授”●

【氣光エネルギー・チャンネル伝授】、

【(「言霊・対話・徒手確認法(言霊波動確認)」のための)対話回線伝授】、

【応用法伝授】