鉄血のオルフェンズ

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」の最終回をようやく観た。

いやあ、衝撃的なラストだった。

こんな結末、今まであったろうか。

ガンダム」において、単純な正義と悪の戦いはあり得ない。

そうではない複雑な現実のドラマを描くのが、「ガンダム」の身上といえるわけだから。

それでも「戦い」を描く以上は、最終的には主人公サイドが勝利するのが鉄則のはず。

勝利せずに負けるとしても、敵と相討ちになるとか、敵に致命的なダメージを与えるとか。

いずれにしても完全な敗北はあり得ない。

それでは物語としてのカタルシスが生まれないから。

しかし、「鉄血のオルフェンズ」では、主人公たちは敵に対してほぼ完全な敗北を喫し、死んでいく。

敵はその後さらに絶大な権力を手に入れ、世界に君臨する。

そして主人公サイドについていたヒロインは、政治家として、主人公たちを死に追いやった敵と手を結ぶのだ。

そうすることでヒロインは、主人公たちが望んでいた、不幸な境遇にある子供たちを救うための条約の締結を実現する。

まさに「清濁併せ呑む」ことで、彼女なりの正義を成し遂げたのだ。

いやあ、凄まじくリアルな結末だなあ、と。

本当の「正義」とは、こういうことなのかもしれない。

ここまでリアルな感じは、ガンダム史上初、あるいはアニメ史上初といってもいいような気がする。

鉄血のオルフェンズ」、まさに新たな金字塔を打ち立てたといっていいんじゃないかな、と。

もう1回最初から観たい。