読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

\(誕生日)/

人間50年

下天のうちをくらぶれば 

夢幻のごとくなり 

一度生を受け

滅せぬもののあるべきか

織田信長の辞世の句としてあまりにも有名な言葉。

読んだまんまだけど

『人の一生なんてたかだか50年。天上世界から見たら夢や幻のようなもの。

生きてる者は、いつか必ず死ぬのだ』

みたいな意味。

戦国の世を一気に駆け抜け、そして唐突にその生涯を終えた刹那的とも言える彼の人生を象徴する言葉として、我々日本人の記憶に残っている。

これは信長のオリジナルではなく、何かの物語だか詩の一節らしいけど、あまりにも彼の人生とマッチしており、また、信長の死生観を象徴するかのような言葉でもある。

辞世の句とは本来死ぬ時に残す言葉だが、混乱の極みとなったであろう本能寺で、自決する前に語れるような状況だったのか?或いはそれを聞いて後世に伝える者がいたのかなどは疑問視されているが、死ぬ直前に彼がその口から実際言ったのではないとしても、心中はこの言葉のようであったのではあるまいか。

もしくは本能寺の変を生き延びたとされる森蘭丸あたりが聞いていたのかもしれない。

どっちにしても、信長なら言ったんじゃないのかな。いや、言って欲しい。言ってくれ。

もう言ったってことでいいじゃんか。

我々現代人はそんな風に解釈してるのだろう。

さて、俺も織田信長と同じ歳になりましたよ。さすがにここまで来るのは長かった。

でも、アッと言う間だなw

この半生を振り返って見て…

やっぱり、夢幻のごとく。

だね。

人生は1度しかない。

やりたいことがあればやっちゃいましょう。