八田與一さん

八田與一さんをご存知ですか。

台湾は日清戦争の後にいただいた領土でしたが、

当時の台湾は、大変な事になっていて、

(首狩り族がいたり、また部族間で言葉が通じない、抗争がよくある、阿片中毒者多数、などなど)

とても統治できるような状態ではなかったのです…。

それを日本が何とか、それはそれは沢山の苦労の上に、文明的な生活ができるまで引き上げたのでした。

大金と苦労の上に文明的な生活に引き上げた点では、朝鮮と同じですが、

朝鮮人は、一応服を着ていたし、言語が統一されていたし、店や道も整備されていたりはしていました。

制度も整備も不十分、粗野で不衛生ではありつつも、台湾よりは文明的だったのです。

そういうわけで、1910年以降、陸軍の志願者を募る際、台湾を除外したのです。

しかし、日本兵となった数万の朝鮮人の中には、狡猾かつ残虐性を合わせ持った人々の割合が高く、

これまで極限状態でも日本兵が保ってきた規律と品位を乱す、タチの悪い兵隊となったようですが…。

しかし、人種差別を良しとしない日本軍は、そんな朝鮮人にも将兵への門戸を開いています。

台湾人の志願者に門戸が開かれたのは、第二次世界対戦が後半になってからですが、

どうやらその頃には、礼儀正しい人々に生まれ変わっていたようです。

彼らが未開の民族から脱却したのは、明治期の日本人の活躍があったから。

八田與一さんは、困難を乗り切りダムを作り、周辺を穀倉地帯に変えた人。

台湾の教科書にも記載され、銅像も建てられています。

が、最近、この銅像の首が切られました。

台中統一派の人が犯人みたいですが…。

どんな状況でも品位を保つ事というのは、台湾においても難しいのかな。

それとも大陸から入ってきた人々の気質かな…?

http://mera.red/八田與一像破壊

あ、蒋介石銅像の頭部も切られたみたいですね…。

蒋介石は、中国にとっても重要な方なのでは…?

今となっては、邪魔者なのでしょうか。

どちらの件も、残念な事だと思います。

広告を非表示にする