1周忌の話。

おはようございます。

一日中冷たい雨の昨日 母の1周忌が覚王山大心寺で行われた。

九州熊本から妹夫婦も出席です、話す事は昨年の熊本地震です、大震災が起きると様々な事が起きる、瓦職人?て聞いた事がない仕事がある、何故震度7を2回も繰り返り揺すれれても50人程度の死者しか出ない訳は、益城町自体農家が多く区画が大きく家も平屋が多かった と言う。

しかし その家の瓦て擦れてしまい雨漏りまでする、1年経ってヤット屋根診断たる物を遣る、瓦の補習はその後です、これも酷い所からですから何時に成ったら?

妹の旦那はスマホの操作で皆に御指導を仰ぐがサッパリ分からないそーだ、ドコモが悪いでなくドコモいい所がないと嘆くが「貴方には黒電話がいい」と言われて苦笑です。

前期高齢者にはスマホて使い切れない玩具?

私の携帯等充電しても使わないで電池キレで連絡が取れないで心配して刈谷から見に来た事もある、無くて困る事等ない。

4月21日〜23日まで石垣島へ家族旅行の事も話しに成った。

これも兄貴の一存です、万事都合を付けて参加するように其れで決まり、予定表まで配り11人が参加する。

私の所には犬が居るが、何処かに預かって貰う事に成るが、1年中介護でなく偶には良い事では?

写真は家族会と昼食のヒツマムシです。

広告を非表示にする