終わっちゃった

 真田丸よ永遠に。

 だが諸事情により幸村の大阪城入場を見逃してしまったので日本に帰ったら補完する。

 ドラマの中での何よりの問題は大蔵卿の局や家康じゃなくて秀頼の経験不足だと思う。

 大阪城の中で蝶よ花よと育てられた20代の若造に、歴戦の兵なおっさんたちの集団を統率するのはきつかったろう。大坂方の大将が秀吉だったら(そもそも大坂の陣がはじまらないが)結果もまったく違ったろう。

五人衆の感想

真田幸村

 最後の日まで前歯が健在。

 お上様との間が噂にならないほうがどうかしている不倫未遂具合でドキドキした。

 最後の十文字槍で馬上筒を支える様が格好良すぎてポスターにしてほしい。

後藤又兵衛

 キャストが発表されたときにはイメージと違うと思ったが、実際見てみると似合っていた。

 呼び寄せるような家族はいないって、息子はどうしたんだ。

毛利勝永

 イケメンぶりに目を見張った。

 イケメンすぎて山内の若殿とのあれは本当に嘘だったのか怪しんでしまう。あんなイケメンが迫ってきたら高校生くらいの年頃ならころりっと行くかもしれない。

 最終日もあんなにすさまじい活躍を見せたのに最後どうなったのか描かれなくて残念。

明石掃部

 なんか動きがかわいい。

 幸村を口説いて大将に呼んでおいて殿様の御前まで来てなんで反対してるんだ。

 

長宗我部盛親

 あまり感想はない。

広告を非表示にする