あくまでも私的な考えですが

里親と子連れ婚は基本的に違う。

里親の場合子供の為に一生懸命夫婦で吟味して決めた子供。

子連れ婚は好きな人に子供が居ただけ。

里親は子供を理解しようと必死になって子供に接する。

しかし、子連れ婚はもれなく子供が居ただけなので犯罪の犠牲になりやすい。

好きになった人に子供が居ただけなので、必死さはそれほどないし、時には邪魔にさえ思ってくる。

里親制度もネットで『軽くやってみようか』とか子宮提供や体外受精なども、そもそもやってはいけないと思っている。

まだ自分の体から産むなら良いんだが、代理妊娠とかは、出産時の痛みや辛さ等経験せず、子供出来ましたでは、果して『自分の子供』と思えるだろうか?

それと子供より好きな人が優先順位が上なら、子供には会わせない事だ。

子供に何か虐待されても、彼が好き過ぎなら虐待を止める事は出来ないだろう。

例え相手が子供好きだと言っても、少し一緒に生活するのと、これから責任もって育てるのでは訳が違う。

子連れ婚自体は反対ではなくどちらかと言うと、賛成だが、子供が一番で彼が二番以下でないと、やはりお勧めはしない。

それから他人の子供を育てる時は『ルール作りが大事』だと思っている。

これは自分も、好きな人も、子供も同じ屋根の下で暮らすのだから、お互いにそのルールを守る事により、共有化が出来るので、仲良くなれるきっかけにもなる。

私も成人してはいるが子供がいるので、再婚考える様な時は、必ず実行すると思う。

「継子をかわいく思えない」「継父の存在がいや」―「子連れ再婚」の実態と支援【著者インタビュー】