本法寺 春の特別寺宝展

写真はJR東海のサイトhttp://souda-kyoto.jp/travel/saijiki/03_sub.html#Event_0000049

より拝借したもの。

京都市上京区小川通寺之内上ル本法寺前町617番地にある本法寺(ほんぽうじ)では、4月15日(土)まで、春季特別寺宝展が行われており、通常は複製を展示している長谷川等伯筆の『仏涅槃図』(縦約10m、横6m、重文)の原本が公開されています。

本阿弥光悦が作庭した国指定名勝『巴の庭』も拝観できます。

時間

 10:00〜16:00

拝観料

 1000円

本法寺は、永享8(1436)年日親上人の創建で、日蓮宗、本阿弥家の菩提寺です。

もとは四条高倉にあり一条戻り橋辺に移り、天正15(1587)年に現在地に移りました。

光悦の寄進状を添えた紫紙金字法華経(重文)、長谷川等伯の釈迦大涅槃図(重文)など貴重な寺宝があります。

庭園「三巴の庭」は光悦作、国の名勝です。

涅槃会館で宝物を展示しています。

境内諸堂のうち、本堂、開山堂、多宝塔、庫裏、書院、大玄関、唐門、鐘楼、経蔵、宝蔵、石橋、棟札、13枚すべて、京都府有形文化財に指定されています。

本法寺の通常の拝観は、

時間

 10:00〜16:00

境内無料

 宝物館・庭園

  500円

本法寺へは、

市バス9・12・67「堀川寺ノ内(ほりかわてらのうち)」停留所〜東へ徒歩約3分。

自家用車の方はパーク&ライドhttp://www2.city.kyoto.lg.jp/tokei/trafficpolicy/kankochi/index.html

パーク&ライドとは、自家用車は混雑する市街地には乗入れず、高速道路出口付近など離れたところに駐車して公共交通に乗り換えることです。

本法寺ホームページ→http://eishouzan.honpouji.nichiren-shu.jp/