明日は笑顔で ☆

「人の世の 悲しき海に

泣き濡れて

待ち焦がれたる 春の夜の夢」

他人の落ち度をあげつらう事を

生涯の楽しみにする人たちがいる

二言目には「建設的な批判」だと言う

そういうモノを目にする度に

僕は酷く嫌な気持ちになる

「だったら、自分がやってみれば?」

そうすれば

今度は自分が矢面に立たされる

とにかく、関わりたくない人種だ

今日のワイドショーは「籠池祭り」

だけど、

その日生きる糧を

必死で得ようとする人たちは

全く関心がないかも知れない

とても不可思議な世界が拡がっている

メディアは視聴率や購読数稼ぎ

野党は勢力拡大と、打倒与党

置き去りにされるのは

いつも、モノ言えぬ社会的弱者たち

私利私欲と誹謗中傷の嵐は

止まる処を知らない

対人関係だって似たようなもの

「どんな選択が自分に得か?」

が、1番の関心事

だけど、

周りがどんな烈火に燃え盛ろうと

僕は変わらずにいようと思った

「どんな世の中でも気持ち次第で

仲良く楽しめるんだよ

夢と希望さえ持てたらね」

その気持ちがいのちを輝かせる

まぁ、人それぞれなんだろう

仲良しになれる人

努力してもなれない人

それは仕方がないかも知れない

ただ、諦めたくはないネ

それが希望の正体だから・・・

望めば直ぐに叶うモノを

希望とは呼ばない

苦労を重ねて・・・

運も味方につけて

やっと叶うから希望なんだ

春の夜の夢は・・・

朧月夜にとても良く似ている

流れる不確かな雲に遮られて

真相が見えたり 隠れたり

掴み所がない曖昧さが

幻想的な美しさを誘う

今年の春は、

想いを超えて面白くなるかも知れない

涙と悲哀の第二幕が

ヒーロー不在の Brave story だから

そして、観客は・・・

「力を合わせる事を忘れた人たち」

そんな時代を生き抜くには

相当の覚悟が必要だ

なりふり構わず猪突猛進

だから、

笑って

笑って

今日は歪んでいても

明日は本物になって欲しい♪

広告を非表示にする