「ルチア」とグラス・ハーモニカ

パンフレットによるとこの作品は、ドニゼッティ作曲のベルカント・オペラの

最高傑作と言われるのだそうです。

オペラ初心者としては、ベルカント・オペラとは何?ここでもう引っかかる。

ググってみたら

”15世紀末から18世紀にかけてイタリアで発達し、19世紀前半のロッシーニオペラで

ほぼ完成の域に到達した、高度な歌唱装飾を伴う声楽歌唱の一様式”ということらしいです。

新国立劇場での上演は14年ぶりであり、しかも今回は、

モナコ公国モンテカルロ歌劇場との共同による新制作なのだそうです。

兄エンリーコに恋人エルガルドとの仲を引き裂かれたルチアの悲劇。

言ってみれば、スコットランドを舞台にしたロミオとジュリエットか。

ルチア役は、ベルカントの新女王と言われるオルガ・ペレチャッコ。

本作の最大の聴き所は、絶望のあまり狂気に陥ったルチアが歌う「狂乱の場」。

オルガ・ペレチャッコのソプラノも素晴らしかったが

私が心惹かれたのは、その「狂乱の場」で演奏されたグラス・ハーモニカ。

フルートなどで代用されること多いこのシーンの音楽を

19世紀の作曲家の指示通り、グラス・ハーモニカで演奏したのだそうです。

ドイツのグラス・ハーモニカ奏者であるサシャ・レッケルトを呼び寄せて。

美しく透明に響き渡る、不思議な音色。

貴重なものを聴かせて頂きました。

サシャ・レッケルトによるグラス・ハーモニカの演奏、こんな感じです。

https://www.youtube.com/watch?v=b8Jhj9mCtig