読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出に残る曲紹介。

さて、明日会社行きたくないって位しか書く事ないんで

思い出に残る曲でも紹介しましょかね。

昔携帯のCMで流れてた曲で、アップテンポな曲調が印象に残り、

すぐに気にいったため、母親に曲名を尋ねると

コパカバーナ」と教えてもらった。

さっそくインターネッツで検索して

しばらくはその曲のノリのいいリズムを楽しんでいた。

ふと、どんな内容の歌なんだろ。と思いたち

リスニング能力ゼロの私は聴き取る事を早々にあきらめ、

直接歌詞を調べた。

そんで、その内容に衝撃受けた。

以下、はしょって書くけど歌詞の内容。

ローラというスターを夢見る踊り子がいて

バーテンダーで恋人のトニーと店で働いてた。

二人は愛し合ってた。

ある時、リコという金持ち男がやってきて

踊ってるローラを気に入り、

自分のテーブルに呼び寄せてイチャついてたら

トニーぶち切れ。

殴り合いの喧嘩に発展して、リコが銃でトニーを撃ち殺す。

ローラ発狂。

30年後、店だった場所はディスコになってて

若さも正気も失ったローラが当時の衣装着て酔いつぶれてる。

っておい!!!

あまりにもひどすぎだろ!!!

こんだけどうしようもない内容なのに、

つとめて曲調は明るい。サンバ調でノリノリである

そのあまりにも相反する明るい曲調に

うっすら恐怖すら覚えるくらいだった。

次点でシャーリーンの「愛はかげろうのように」という曲も

割と印象に残ってる。

穏やかな癒し系の曲調なんだけど、

歌詞の内容が

遊びまくったねーちゃんの悲惨な末路的な内容。

そんなどうにもこうにもな内容にも関わらず、

ハンディビデオカメラ(当時)のCMで

小学生の女の子が笑顔で写ってるバックでこれが流れたから驚き。

歌詞の内容無視して曲調だけで選ぶなよな・・・と思った記憶がある。

洋楽っていい意味でもそうじゃない意味でも

歌詞を調べてみると衝撃的な事があるから

面白いとは思う。

でもやっぱり歌詞の内容知っちゃったら

日本語の歌よりも落ち込みがちになるのは否めない。

外国語って興味深いよなぁ・・・と

母国語も危ういワタクシめが調子に乗ってみる夜更け。

欲というのは

なかなか難しいなあ

欲望がないと人間は前に進まないし

だけど欲が強過ぎてもエゴイストになるばかりだ

どうしたら優しい人になれるだろうか

どうしたら万人を受け入れることのできる人間になれるだろうか

知識、経験、アイデンティティの確立、モラル、マナー、想像力、聴覚、視覚、触覚

様々なものから感じとり、適切に対処する

適切に対処するためにはやはり一番は経験がものをいう

今からたくさんたくさん知って、知って、考えて悩んで

自分のものにしていこう

【雑談】4月26日

先日「夜は短し歩けよ乙女」を観てきました

原作を読んだのが数年前なのでおぼろげな記憶での感想になってしまうけど上手い事まとめてるなーと感じたよ

特に舞い上がった鯉が帰ってくるタイミングをあの場面に変えたのは原作より良いと思った

そしてアニメ版四畳半神話大系を始め、森見ワールドの小ネタがそこかしこに散りばめられていてファンサービスに溢れていた

とりあえず古本市の中にこっそりペンギンハイウェイが混じっているのは見つけたのだが、レンタル出来るようになったら改めてじっくりネタ探しをしてみたい

でも原作で一番好きな

「空を飛びたいなら、地に足を付けぬ生活をすることだ」

みたいな師匠のセリフがカットされていた事だけが少し残念

そもそも最終話である風邪の話自体がかなりオモチロク盛られていたので致し方なしか

FEエコーズ発売日、たまたま仕事が休みだったので開店直後のビックカメラに突撃して買ってきました

外伝のリメイクという事だけど、相変わらず弓は射程が長いし魔女はところかまわずワープしてくる

見た目は最近のFEっぽいけど、中身がほぼ原作のままなので懐古厨もにんまりですわ

「最近のFEは客に媚びててやる気が出ない」とか言ってるFEおじさんは帰っておいで

現在3章が始まってようやくストーリーも本題に入った感がある

なんだかんだ言って外伝はラスト直前でセーブが消えてクリアしてないので、今度こそちゃんと完走するぞ

博麗神社例大祭が近づいてきた

去年は秘封イヤーな一年だったけど、今回久しぶりに本家のゲーム(体験版)の頒布があるそうな

自キャラはいつもの霊夢魔理沙に加えて日焼けしたチルノと射命丸

チルノと射命丸は本家の操作キャラになるのは始めてだけど、やっぱそれぞれのスピンオフ作品のような特殊能力持ちなのだろうか?

システム的にはかなりシンプルなものになるみたいだけど、個人的にはそちらの方が嬉しいかな

弾避けにひたすら集中したい人間なので、UFOとか神霊とかのシステムはちょっと苦手

地霊のグレイズでアイテム回収出来るシステムは最高だったなぁ

そんな訳で5/7はビックサイトで神主と握手!

なんだかそう遠くない内にまた甥だか姪だか生まれる事になりそうです

碌な人生歩んでいない以上実のある話は出来ないだろうけど、せめて楽しい話を提供できるようでありたいね

阿呆な大人が見てきた面白おかしい世界を笑ってもらえればこれ幸い

地銀の未来を語り合おう

嵐が去ったように見える市場

半島のイベントを無事通過・・

そして取り敢えずは仏国リスクも後退

思わず久しぶりに少し売買したstaycoolです。

ここのところ連騰していた

JMACCS(5817)上値もまだありですが、

持株も大した枚数でないので全売却

その資金で

毎日コムネット(8908)、コーセーアールイー(3246)

薬王堂(3385)ディアライフ(3245)を打診買い

我慢できずに買った感じですね。

さて、先日のJCB the Classを何とか

ダイレクトに取得できないかという事で

地銀のカード子会社が最短との仮説の下に

別件で連絡を受けた際に、担当に確認

資料を取り寄せておくという事で

本日は支店長様を訪問

メインの用件は、このたびの2大巨頭の合併について

ご説明を申し上げたいとの事での表敬でした。

実直なお人柄が滲み出ている支店長様であり、

どちらかというと、自分が金融業界にエントリーした頃に

よく居られたタイプの支店長様かもしれません。

状況のアウトラインから内部の事情まで

幅広く意見交換をさせて頂きました。

私は私で古巣からの情報もありますが、

思いは地域経済を担う基盤として

現況程度の規模と行員を維持し、

マンパワーの質と量の両面で

今後も頑張って欲しいという事です。

公取委の審査などハードルはありますが、

ここをクリアしてたとしても

今度は重複店舗のつばぜり合い、せめぎ合いがあります。

これは金融機関の合併では避けて通れず、

SMBCやみずほ、古くはさくら銀行

三和東海の時も同様でした。

ここからは同じエリアで鎬を削り

お互いシェアアップでどの程度の顧客を囲い込めるかが

勝負になりますね。

アウトサイダーとして

今回の合併をしかと見届けたいと思っています。

※The Classの申込書を首尾よくGetしましたので

あとは申込書を提出するのみ。

クレヒス十分と思料しますので審査結果を楽しみに

待ちたいと思います。

菜の花 満開

おはよーございます

いっしーです

咲いてるよぉ

さて、

朝から背脂マックス!

そして裏の菜の花が満開です

比岐島(その5)

平成29年4月9日(日)、愛媛県の廃村めぐり、比岐島の探索。

2時間半の探索の間、遊漁船潮風の船長は、船の中で鯛めし、鯛のあら汁を

つくってくれていた。

船長によると、潮風は船釣り(船の上での釣り)の船で、

瀬渡し(島などへ上陸しての釣り)をする船は、別の免許がいるとのこと。

釣りのお客さんの炊込みご飯は、釣れた魚をさばいてつくるが、

海上作業など、釣り以外のお客さんも時々いて

あらかじめ魚を用意するので、その分料金がやや高くなるとのこと。

比岐島の探索を終え、穏やかな天気のもと、

船着き場に座って食する鯛めしは、記憶に残る美味しさだった。

比岐島出発は12時20分頃。島では瀬渡しの釣りの方以外は誰にも出会わなかったが、

出航後の船上から、島の東側の海で仕掛け漁をしているHさん親子に、

遠目からだがお会いすることができた。

私は「おじゃましました」と、頭を下げてご挨拶した。

 画像1 比岐島の船着き場

      コンクリの船着き場の先に、潮風と船長が見える。

 画像2 比岐島を後にする

      島には昼食休みを含めて3時間滞在した。

 画像3 仕掛け漁をしているHさんの船

      お話はできなかったが、お会いできてよかった。

    (2017年4月9日(土)正午〜12時30分頃)

#NowPlaying King Crimson Book of Saturday (1973.9.23) Boston, Massachusetts, USA

#NowPlaying King Crimson Book of Saturday (1973.9.23) Boston, Massachusetts, USA

Sharks Lungs In Orpheum

1973年秋の米国公演五日目。

この演奏はユーチューブ

https://www.youtube.com/watch?v=m9xlWz_D3TU

で聴けます。

後半1分30秒ぐらいからのデヴィッド・クロスのヴァイオリン伴奏がいつも通りですけどいいなぁ。

オーディエンス録音の海賊盤ですが音質はまあ悪い方ではないでしょう。

静かめな曲調の部分ではノイズが気になりますが。

この曲 Book of Saturday は1973年1-2月にCommand Studios, London で録音され、1973年3月23日に発売された六枚目のアルバム Larks Tongues in Aspic (邦題『太陽と戦慄』)のA面第二曲でした。

初演は1972年10月13日 Frankfurt, Germany (72年秋の新メンバーでのヨーロッパ公演初日)。

ProgLyrics(プログレッシヴ・ロック名詞選) 

プログリリックス ◆ プログレッシヴ・ロック名盤の名曲訳詞館 Book Of Saturday

http://proglyrics.blogspot.jp/2009/12/blog-post.html

Robert Fripp - Guitar, Mellotron

David Cross - Violin, Mellotron

John Wetton - Bass Guitar & Vocals

Bill Bruford - Drums, Percussion